新入社員などの若い人は、心身の不調が見られることがあります

病気や気になる場合

男性

準備や申し込み方法を見ておくこと

就職するときには様々な問題点があります。例えば、希望しているところに就職できない人も少なくないでしょう。逆に、希望しているところに就職できる人も何割かいます。このように考えると、非常に就職活動自体はストレスがたまることが理解できます。人によっては、うつ病になってしまうことも少なくありません。うつ病になってしまうと、この先どのように生活をしたらよいのか不安になってしまい、4月になって会社勤めをしようと考えてもなかなか良い結果が出ない可能性も高いです。もし、うつ病になってしまった場合にはしばらく会社を休まざる得ないことが多いです。あるいは新人にありがちですが、1週間のうち毎週1回から2回休むことで何とか会社に来ようとする人もいます。ただ、いずれにしても病気が良くなるわけではありませんので、早い段階で心療内科や精神科に行くのがよいでしょう。精神科や心療内科は、適切に患者さんの悩みを聞いてくれてそれに対応してくれます。よい心療内科や精神科ほど、医者が説明するのではなく患者の話を引き出すのが特徴です。これにより、患者さん自身も気分が楽になりやがてうつ状態から抜け出すことが多くなるでしょう。ただ、準備としてはそれだけでは足らず、障害年金などをもらえるかどうかも調べておく必要があります。

うつ病になってしまった場合、就職したとしても会社に行けないことが多いですが、この場合は障害年金をもらうことで何とか生活することができるでしょう。うつ病により就職をしてもまともに仕事に行くことができない場合には、それを証明することが必要になります。障害年金をもらう場合には精神科や心療内科に行って、診断書をもらってこなければいけません。診断書をもらってきて、仕事とうつ病の因果関係を証明する必要があるわけです。この証明は、自分自身ですることができませんので、専門家の医者に診てもらうしか方法はりません。そのため、初めて通院した医者に行き因果関係を証明してもらうために、そして現在の状況を明確にするために診断書を書いてもらうわけです。もし、しばらく時間が経過してしまっても障害年金の申請をすることは不可能ではありませんが、この時重要になってくるのは初診日がいつになっているかです。初診日は明確でない場合には申請したとしても却下される恐れがありますので注意が必要です。ちなみに、カルテは5年保管しなければいけない決まりがありますが、それ以上の時間が経過すると捨ててもよいことになっています。そのため、初めて治療を受けてから5年経過する前に診断書を書いてもらうようにしなければいけません。