新入社員などの若い人は、心身の不調が見られることがあります

心が疲れてしまったとき

履歴書

就労支援等を活用しながらゆっくりお仕事

生活をする中で知らず知らずストレスを抱えてしまうことは多々あります。色々な解消法もありますが、解消できず溜め込んでいくとゆくゆくは体に支障をきたしてしまうことがあります。そしてうつ病を患ってしまったりします。うつ病は心の病とされています。病気が進行すると、日常生活に支障が現れます。眠れなかったり、幻聴が聴こえたり、日常生活に困難がおこります。状態が悪化すると、なかなか仕事にいくことができなくなってきます。治療にはゆっくり休むことを要するので、仕事を辞めざる終えなくなってきたりします。完治すれば新たに就職活動も行えたりしますが、うつ病の治療中だとなかなか仕事につくことができなくなってしまったりします。ですが、うつ病を発症していても就職できることはあります。うつを発症したら、障害者手帳の申請ができるようになります。障害者手帳をもつことで、たくさんの福祉サービスを受けることができるようになります。障害者手帳を持つことに抵抗を感じるかもしれませんが、福祉サービスは手厚く、就職支援もしてくれます。自分にあった仕事を探しながら治療を続けることも可能です。そして、就労支援も行っているので、働くことも可能です。自分のペースで仕事をしながら、ゆくゆくは一般就労を目指していきます。

病気の進行は環境も関係してきます。例えば、自分を否定する上司の元で仕事をしていてうつ病を発症してしまったとします。その上司の元で仕事を続けていてもうつが改善できるとは誰もが思わないですよね。その通り、うつは進行してしまうでしょう。環境を変えることはとても大事です。まずは治療を優先することが大事ですが、環境を整えることは一番重要です。福祉サービスを利用するというのも環境改善には必要になります。新たな職場に就職したいと考えていても、うつ病を発症したままだと、なかなか職場に理解してもらえず、仕事が決まらなかったりしますが、福祉サービスを利用することにより、まず自分に何が必要なのかを一緒に考えてくれます。うつになると、毎日の生活に不安を感じます。ですが、様々なサービスを活用するなかで自分がやり易い方向へ導いていってくれます。就職を希望しているのであれば就職先の紹介や研修を行ってくれます。また、一般就労につけるように働く力を付けることを支援してくれます。ですが、サービスを受けるには障害者手帳の申請が必要です。病気が完治したときには障害者手帳の返納も可能です。心の病を患ってしまったときでも、福祉サービスを活用することにより、働くことを諦めることをしないでいいのです。