新入社員などの若い人は、心身の不調が見られることがあります

病にかかっても大丈夫

ハートを持つ医者

一人で悩むことなく会社にも相談を

精神的なストレスや身体的なストレスを溜めてしまうと、うつ病にかかってしまう恐れがあります。簡単に治るように考えがちですが、なかなか元の精神力を持てるまでには時間のかかる病気です。そのため仕事をしている人は、就職先に迷惑をかけることになってしまいます。症状が悪化した時には、仕事を休むことが必要になる場合が出て来ます。うつ病にかかったからと言って退職することはなく、病院へ行き医師と相談するべきです。正社員の場合では、病気にかかった時には長期休暇をもらえる企業も多くなって来ていることから、回復するまで休みをもらうようにしましょう。休職扱いとなった場合でも、給与の3分の2が傷病手当として受給出来る場合が多くありますので、入院する時には確認をしておく必要があります。企業によっては、雇用契約に違いもり、社内制度の確認もしておくべきです。また就職する前からうつ病を持っていると言う人もいます。このような人の場合でも、障害開示と言うスタイルで就職出来るようなっています;この障害開示を行っている企業は、障害者に理解を示し働きやすい職場と言うことが考えられます。今、障害開示の企業が多くなっていることもあり、働きやすい時代になって来ています。

うつ病で怖いことは、自分がうつ病にかかっていると気が付かない場合です。この病は元気な人にもかかると知っておく必要があり、自分は陽気な人間だから大丈夫と安心してはいけないこともあります。普段は元気な人も元気がないのは体が疲れているからとか、仕事が忙しいからなどの理由で心の病に気が付こうとしない場合があります。そんな時に就職先や周囲の人がおかしくなったことに気が付けば良いのですが、不調を隠してしまうと症状がどんどん重くなってしまう可能性も十分考えられます。元気がなくなった時には、無理をせず一時的に休憩する意識を強く持つことも大事なことになり、うつ病の発症を防ぐことも出来るはずです。得に自分の好きな趣味にも興味を示さなくなった時とか、食事に対する意欲がなくなってしまったなどのことが起きてしまうと、うつ病が心配になります。また夜に眠れないと言った症状も起こすことがあります。この意欲の低下と言うことが大きな節目にもなると言うことを承知しておくと、病の進行を防ぐことも可能になります。症状にもよりますが、自分で治すべきと考えず、早めに治療を受けることが回復を早める方法になり、薬の服用も考えるべきです。病院に通うことや薬の服用は意思が弱いことではなく、あくまでも治療の一環と割り切ることも大事なことになります。就職先にも迷惑をかける期間は短い方が良く、早めの治療に専念しましよう。